水素水はインチキ?偽物?

ここでは、水素水がネット上でインチキ、偽物などと言われる理由についてご案内しています。

水素水の作用に対する知識不足

ネットで水素水に対する情報を調べていると必ずといっていいほど見かけるのが、水素水は効果がない、偽物だ、インチキだ、といったような内容となります。しかしこれは、世間の水素や水素水に対する知識が不足していることが原因と考えられます。水素水については、多くの医療機関や大学で研究が行われており、同時に多くの有効性を示す論文や研究結果も発表されています。

水素の抜けた水を飲んでいる可能性

水素には抜けやすいという性質があります。これは水素分子がとても小さく、空気に触れている状態だとごく短時間のうちに抜けてしまいます。水素は無味無臭で溶存を確認するのは困難となるため、溶存状態を意識しておくことが必要となります。

例えば500mlのアルミパウチを購入した場合、なにも知識がなければ500mlという量の水を一気に飲むことはないと思います。この場合、水素は時間とともに抜け水素を含まない普通の水に戻ってしまいます。逆に水素水500mlを一気に飲んだ場合も、水素水の効果を最大限に得られない可能性があります。水素の作用は活性酸素の除去となりますので、活性酸素が多くないときに水素水を大量に飲んでも水素は体内で使用されず呼気を通して体外に排出されてしまいます。適切なタイミングに最適な量を摂ることが重要となり、知識が不足しているとその効果を得られず偽物と疑ってしまうこともあります。

水素の性質について

活性水素水との混同

水素水と言う商品には、水素分子を水に溶存させた水素水と、水素原子を含んだ活性水素水の二種類があります。いずれも水素水という名称がつくことで効果が期待されますが、学術的にその効果が立証されているのは前者の水素水のみとなります。一方で活性水素水については、その存在や効果自体科学的に証明されているものではありません。水素水が「ニセ科学」「疑似科学」などと言われる理由には、これらの商品が混同していることも一因として考えられます。

  • 水素水は、2007年に太田成男教授(日本医科大学)が医学雑誌の最高峰NatureMedicineで「水素(H2)の生体への有効性」を発表したことで効果が学術的に根拠あるものとなります。

すぐに効果を体感することができない

水素水の効果を疑う理由の最大の原因として、その効果がとても実感しずらいということが言えます。水素水は薬ではなく、即効性があるものではありません。体内に発生する活性酸素を除去する作用があることで、活性酸素による酸化(老化現象)や病気の発症を抑制する効果があるのです。体内に発生する活性酸素をより多く抑えていくことで、体内で悪さをする可能性の一因を取り除いてくれているのです。

活性酸素の発生量は年齢とともに増えますので、水素水は一時的に飲めば良いというものではなく継続して飲むことが重要となります。そして年を重ねていったときに、飲んでいない人と比べ老いに差がでたり、病気になりにくかったりといった効果が出てくる可能性があるのです。

歴史が浅い発展途上の分野

上記にも記載しましたが、水素や水素水の効果がわかってきたのは2007年の論文がきっかけとなり、その歴史はとても浅いものとなります。多くの研究機関で今も継続的に研究が進められる発展途上の分野となります。水素水がインチキとか偽物と言われる理由は、歴史の浅さや知識の不足、正しい摂取方法を知らないなど複数の要因が考えられますが、正しく飲めば学術的にも根拠があるものとなりますので、ぜひ知識を深めてみてください。

水素水商品 : 水素水サーバーボトル・タンブラーアルミパウチ水素水スティック水素水生成キット

老化や病気の原因となる活性酸素を除去するのに最適なのが水素水です。