水素とは、特有の性質について

ここでは、水素とはなんなのか、またその特有の性質についてご案内しています。

水素とは

一般的に水素とはなにかと言えば、水素分子(水素ガス)のことを指すことが多くなります。水素と聞くと危険なイメージもありますが、実は生体にとても有益で、2007年に水素研究の第一人者である日本医科大学の太田成男教授が、医学雑誌の最高峰NatureMedicineで「水素(H2)の生体への有効性」を発表したことで、一躍注目を浴びることになります。

水素が持つ抗酸化力は他の抗酸化物質のそれを凌駕するものであり、また生体に良い影響を与えるのに適した特有の性質を持ち併せています。しかしこうした性質を知らないことで、正しく効果を得ることができていなかったり、どういう優れた作用と効果があるのか知らなかったり、水素や水素水に関する一般の知識は不足しているのが現状です。水素・水素水の研究および臨床的効果については、まさに扉が開いたところで解明されていないことも多くありますが、同時に多くの効果についても論文などが日々発表されており学術的に根拠が証明されています。研究が進むとともに今後ますます水素の重要性は高まると考えます。

注目を浴びる水素水とは

体内に水素を摂取する最も一般的な方法が水素水で、水素水とは、水素分子を含んだ水となります。水素水の生成には複数の方法があり、水に電圧をかけて電気分解によって水素を発生させる方法や、水とマグネシウムの化学反応から水素を水に溶かし込む方法、水素ガスを直接水に充填する方法などがあります。

特有の性質について

水素には特有の性質があります。正しく性質について知らないと、実は毎日水素水を飲んでいても体内に水素が摂取できていなかったということもありえます。生体に大きな効果をもたらすのに適した性質は、反面では摂取にあたり注意しなければいけないポイントにもなります。

抜けやすく逃げやすい≪重要≫

この性質は、水素水を飲むならば必ず知っておかなければいけません。水素分子はあらゆる物質の中で最も小さく、僅かな隙間からでも簡単に逃げてしまいます。特に空気に触れている状態だとごく短時間で空気中に抜けてしまいますので注意が必要です。例えばアルミパウチに入った水素水を買ったけど、一度で飲みきるのは分量的に多かったり、高額なのに一気に飲んでしまうのは勿体ないからと複数回にわけて飲んでいたりすると、開封した口から水素は抜け、飲み終わる頃には水素が残っていない普通の水を飲んでいたということにもなり兼ねません。

無色な上に無味無臭、人間の視覚や味覚から水素の溶存を確認するのはとても難しくなります。アルミパウチに入った水素水なら飲みきりサイズを選び開封後は早めに飲む、水素水生成器を使うならば飲む直前に作り溶存している状態で飲むなど、水素水を飲むときにはその含有状態も意識しておくことが重要となります。

体内の隅々まで行きわたる浸透力

水素が持つ大きな特長として生体への浸透力に非常に優れている、また水にも油にも溶けるという性質があります。この性質は効果の適用範囲を知る上で重要となります。他の抗酸化物質では分子が大きく入り込めない脳の中や脂質内の細胞にも水素は入り込み活性酸素を除去してくれるのです。体内に摂取した水素は、その拡散性と浸透力で身体の隅々まで行きわたりその効果を発揮してくれます。

悪玉活性酸素のみを除去

老化現象や病気の原因の実に約90%に活性酸素が影響しています。しかし活性酸素には、ウイルスや細菌から生体を守る良い作用を持つ善玉活性酸素と、細胞や遺伝子などを攻撃して病気などを誘発する悪玉活性酸素があり、全ての活性酸素が悪ということではありません。抗酸化物質には活性酸素を除去する作用がありますが、水素以外の抗酸化物質は、この善悪両方の活性酸素を除去してしまいます。これに対し水素は、善玉活性酸素には反応せず悪玉活性酸素のみを除去するという作用を持ちます。身体に必要なものは残し、悪いものだけを除去するという唯一無二の性質を持っています。

活性酸素について

他の抗酸化物質にはない特有の性質は、生体に良い影響を与えるのに適した水素だけが持つ特長となります。

水素濃度と効果の関係について

ほとんどの商品では水素濃度は「ppm」という単位で表され、その数値が高ければ高いほど水素含有量が多いということを表します。しかしながら体内に吸収できる水素量および効果には上限のようなものがあり、水素濃度が高いものを摂取すればより高い効果が得られるとは限りません。高濃度をウリにしている商品も多くあり、あまり知識のない方は高ければ高いほど効果があると思いがちですが必ずしもそうではありませんので、濃度と効果の関係を知り最適な商品を選ぶようにしてください。

  • ppmは、parts per millionの略で、1ppmは1ℓの水に1mgの量(1ppm=1mg/ℓ)が含まれていることを表します。また商品によってはppb(part per billion)で表されているものもありますが、1ppm=1,000ppbとなります。
  • 水素濃度の生成能力が高い商品を否定しているものではありません。生成能力が高い商品には、生成してから水素が抜けるまでの時間が長いなどのメリットがあります。

摂取した水素水の約60%は体内に吸収されない

中部大学の近藤教授らの研究グループの研究から、水素水を飲んだときには水に含まれる水素の約40%は体内に吸収されるが、残りの約60%は体内に吸収されず、呼吸と共に体外に排出されてしまうことが発表されています。つまり1.0ppmの水素水を飲んだ場合に、身体に吸収できるのは約40%の0.4ppmとなり、残りは身体の外に排出されるということになります。

  • 出展:springer、水素水摂取後の体内の水素分子消費量について(著者:Akito. Shimouchi、中部大国立脳心血管研究所)

水素濃度の効果は約0.4ppmまで

水素濃度と細胞の生存率の実験結果から、体内で水素の効果が得られるのは約0.4ppmまでということが報告されています。これは、0.4ppmと0.4ppm以下の水素水を飲み比べたときには効果に差が見られたが、0.4ppmと0.4ppm以上の水素水を飲み比べた場合では効果に差が見られなかったという内容です。これは、身体の中にある水素レセプターが感知できる水素分子が数量的に一定であるからと考えられ、水素濃度と効果には直接的な相関関係がないことになります。

飲用時の水素濃度 体内に吸収できる水素量 効果について
0.3ppm 0.12ppm 効果に差がある範囲、水素濃度が高いほど効果も高い
0.5ppm 0.20ppm
0.7ppm 0.28ppm
0.9ppm 0.36ppm
1.0ppm 0.40ppm 効果の上限(基準値)
1.2ppm 0.48ppm 効果に差がない範囲、水素濃度が高くても効果に差が見られない
1.4ppm 0.56ppm
1.6ppm 0.64ppm

つまり、1.0ppm以上の水素水ならいずれも得られる効果に差はないということになります。

水素水商品 : 水素水サーバーボトル・タンブラーアルミパウチ水素水スティック水素水生成キット

老化や病気の原因となる活性酸素を除去するのに最適なのが水素水です。