水素水の飲み方(タイミング・量・温度)

ここでは、水素水の効果を最大限に得るための飲み方(タイミング、量、温度など)についてご案内します。

ただ水素水を飲めば良いわけではありません

水素水を飲んでいるからと安心していると、実はまったく効果がないなんてことにもなりかねません。そうならないためにも、水素の性質を理解し、効果を最大限に得ることができる飲み方を心がける必要があります。

まず水素の性質を再度ご確認ください

水素には抜けやすいという性質があります。これは水素分子がとても小さく、あらゆる物質の隙間を通り抜けてしまうからです。水素水が空気に触れている状態だとごく短時間のうちに水素は抜けてしまいます。炭酸なら抜けたら味覚でわかりますが、水素は無味無臭となるため確認することが難しいため、その溶存量を意識しておくことが重要です。

アルミパウチ 水素が抜けにくい構造であるアルミパウチに入った水素水ですが、それでも時間とともに少しずつ抜けていきます。賞味期限内に飲むこと、また開封後は早めに飲むように心がけてください。
水素水生成器 水素水サーバー、タンブラーやボトル、スティックタイプ、水素水生成キットなどの生成器を使用した場合には、作りたての水素水を飲むようにしてください。コップに注いでから数時間放置したりしますと水素は抜けてしまいます。

水素の性質について

  • 賞味期限を経過した、開封後時間が経っている、生成後時間が経っているなどで水素が抜けてしまうと、水素水は水素を含まない普通の水に戻ってしまいますので注意が必要です。

1日に飲む適量

摂取する量は、1日あたり約1.5リットルが最も効果的とされています。また約1.5リットルをまとめて飲むのではなく、例えば300mlの水素水を5回にわけて飲むなどの方が効果的とされています。

また水素は活性酸素に反応して作用しますので、実際の適用は体内の活性酸素量との兼ね合いとなります。ストレスや激しい運動などの後は活性酸素が発生しやすいので多めにとるのも良いです。活性酸素が少ない状態のときに多く摂取しても水素は体内にストックしておくことができず、使われなかった水素は呼吸やゲップなどを通して体外に排出されてしまいます。分散して飲むことで体内の活性酸素を定期的に除去することができ効果的です。

飲むタイミング

活性酸素が発生する前後のタイミングが水素水を飲む理想的なタイミングとなります。活性酸素は、「ストレス」「紫外線」「喫煙」「過度な飲酒」「激しい運動」「食生活の乱れ・不規則な生活・睡眠不足」「食品添加物」「大気汚染・排気ガス・ダイオキシン等」などが原因で増えると言われています。

活性酸素について

1日の中で飲むタイミング

起床時 起床時は体内の水分が一番減少しているときです、水分補給をしてください。
食事時 食事の消化を助けます、また料理に利用するのもおすすめです。
お風呂上り 入浴後は免疫機能が高まり、活性酸素が発生しています。水素水で活性酸素を除去します。
就寝前 就寝時は体のなメンテナンス時間です、寝ている間に傷ついた細胞を修復します。

活性酸素が発生するタイミング

運動前 代謝が上がり、運動のパフォーマンスの向上とダイエット効果が期待できます。
運動後 スポーツをした後には活性酸素が発生します。
飲酒後 肝臓の機能を活発にすることで二日酔いの予防に繋がります。
ストレス時 ストレスを感じている時には活性酸素が発生します。
紫外線を浴びたとき 紫外線を浴びた時には活性酸素が発生します。
喫煙をしたとき たばこを吸うと活性酸素が発生します。
睡眠不足のとき 睡眠が不十分のときには生活が不規則になり活性酸素が発生します。
  • 症状、効果、体質などには個人差・個体差があります。

最適な温度

水の中において水素が溶存できる量は、化学的に水温に影響を受けます。水温が20度のときの水素溶存量を100%とすると、水温が40度なら約80%、60度なら約40%、水温が80度になるとほぼ0%となってしまいます。熱さに弱い水素水は、できるだけ常温で飲むことが良いとされます。

水素が抜けないうちに、活性酸素が発生しやすいときに、常温で水素水を飲むことが理想的な飲み方となります。

水素水商品 : 水素水サーバーボトル・タンブラーアルミパウチ水素水スティック水素水生成キット

老化や病気の原因となる活性酸素を除去するのに最適なのが水素水です。