水素水ボトル・タンブラーのご案内

ここでは、外出時にも利用できる携帯用の水素水ボトル・タンブラーの商品と価格の比較などについてご案内しています。

商品一覧

水素の弱点と言えば水素は抜けやすいということで、長時間ペットボトルなどに留めておくことは難しく持ち歩くには適していません。しかしその弱点を克服したのが水素水ボトルやタンブラーとなります。充電して利用することができ、自宅だけでなくオフィスやアウトドアシーンなどでも水素水を飲みたいという方に最適です。水素水サーバーと比べ料金も安く、自分専用の水素水生成器として常備するのにおすすめとなります。

水素水商品 : 水素水サーバーボトル・タンブラーアルミパウチ水素水スティック水素水生成キット

水素水タンブラー

商品 購入価格 水素濃度 生成時間 水道水 容量 商品概要・ポイント 詳細
Bambi
Bambi
53,784円
(税抜49,800円)
1.4ppm 10分 200ml おすすめ
約6時間の充電で10~14回の水素水を作ることができるタンブラー型の水素水生成器です。残留塩素の除去機能が付いているので、水道水をおいしい浄水の水素水に作り変えてくれます。
本体サイズ:直径75mm×高さ164mm(重さ300g)
Swish
Swish
8,964円
(税抜8,300円)
0.374ppm
(374ppb)
1秒 360ml ドリップ式の水素水タンブラーで、専用のカートリッジを取り付け水を注ぐことで水道水に含まれる塩素除去と水素の発生が同時に行われます。
本体サイズ:直径81mm×高さ174mm(重さ300g)
※スターターセットには2カ月分のセットが含まれています。
※専用カートリッジは2カ月毎の交換となり6,480円(税込)が都度かかります。
  • 上記は、税込み価格での表記となります。公式サイトにおける表記が税抜きの場合のみ税抜き価格も併記しています。
  • ご案内できる商品は、ラインアップが増えるよう適宜見直しを行っています。

水素水ボトル

商品 購入価格 水素濃度 生成時間 水道水 容量 商品概要・ポイント 詳細
H.Bottle
H.Bottle
59,400円
(税抜55,000円)
1.53ppm 3分 300ml おすすめ
最大1.53ppmの水素水を3分で作ることができる水素水ボトルです。1回の充電で約40回分の水素水が作れます。
本体サイズ:直径62mm×高さ202mm(重さ185g)
※バッテリーは2年毎の交換となり7,560円(税込)がかかります。
※水道水の使用はできますが、浄水機能は付いていないためミネラルウォーターや浄水の使用が推奨されます。
ポケットプレミアム
ポケットプレミアム
54,000円
(税抜50,000円)
0.7ppm 10分~ 350ml 購入時のキャンペーンや特典がある商品
スイッチ1回で0.4ppm、もう1回押せば0.7ppm、手軽に水素水が作れるコンパクトサイズの水素水ボトルです。3時間の充電で約30~40回分の水素水を作ることができます。
本体サイズ:直径77mm×高さ186mm(重さ200g)
※バッテリーは3年毎の交換となり8,640円(税込)がかかります。
※水道水の使用はできますが、浄水機能は付いていないためミネラルウォーターや浄水の使用が推奨されます。
  • 上記は、税込み価格での表記となります。公式サイトにおける表記が税抜きの場合のみ税抜き価格も併記しています。
  • キャンペーン有の記載のある商品は、購入時のキャンペーン、特典などがある商品となります。詳しくは各商品の公式サイトでご確認ください。
  • ご案内できる商品は、ラインアップが増えるよう適宜見直しを行っています。

水素水ボトル・タンブラーを選ぶときのポイント

コンパクトサイズに高性能な水素水生成機能や浄水機能を持ち合わせているのが水素水ボトルやタンブラーとなります。容量はペットボトルサイズのひとり用となり家族で利用するのは難しいですが、自分専用の水素水生成器として利用するには最適です。

1.ランニングコストがどのくらいかかるか

水素水ボトルやタンブラーの多くは充電方式で使用するものとなり、一定サイクルでのバッテリー交換が必要となる場合があります。またドリップ式の場合には、消耗品となるカートリッジの定期購入が必要となります。水道水が使用できない場合や、使用できても浄水機能が付いてなく水道水は気になるという場合には、ミネラルウォーターの購入が必要となります。本体そのものは手頃な価格となりますが、月々の消耗品やミネラルウォーターなどの料金がかかる場合がありますので、その点も考慮してみてください。

2.本体の寸法や重量は手ごろか

ボトルやタンブラータイプを希望される方の多くは、持ち運ぶことが多くなります。購入してから思っていたより大きく持ち運ぶにはちょっと・・・となってしまう前に、携帯するのに最適なサイズか、重すぎやしないかなどサイズや重さを必ず確認してみてください。

3.水素濃度1.0ppm以上の生成能力があるか

水素水生成器を購入するときは共通項目となりますが、生成できる水素濃度は1.0ppm以上のものをおすすめします。水素濃度と効果の関係では、体内で明確な効果が出るのは0.4ppmまでとなり、また飲んだ水素水のうち体内に吸収できるのは約40%までということがわかっています。1.0ppmの水素水を飲めば、効果があるとされる0.4ppmの水素水を飲むことができますので、生成能力としては1.0ppm以上がおすすめとなります。

水素濃度と効果の関係について

口コミ募集中

水素水サーバーを始めとする水素水製品の口コミ・評判などを募集しています(一言でも感想でもokです)。ご利用された水素水製品・商品名およびその口コミをお送りください。お送りいただいた評判や評価などの口コミは内容を確認の上、本サイトで掲載させていただく場合があります。口コミ情報の充実にぜひご協力いただけると幸いです。

送信先:water@net-reach.jpメールする

  • ご質問・意見等、お送りいただいた内容に返信はできませんので、あらかじめご了承ください。

老化や病気の原因となる活性酸素を除去するのに最適なのが水素水です。