おいしい水とは

このページでは、おいしい水の一般的な定義についてご案内します。

おいしいと感じる水について

最終的に美味しい水と感じる条件はそれぞれの好みとはなりますが、一般的においしい水と言われるものはミネラル成分を豊富に含み、残留塩素などの有害物質を含まない水となります。また水の硬度も味覚に影響を与えます。軟水と硬水、どちらをおいしい水と感じるかは好みですが、日本人がおいしいと感じるのは硬度が低い軟水と言われています。

水質、成分、硬度などの要素に水温や匂いなどの要素が加わり、おいしさの感じ方に影響を与えます。色々な水の飲み比べ、自分に最適なおいしい水を見つけてください。

おいしい水の水質要件

以下は「おいしい水研究会」が示したおいしい水の水質要件となります。

水質項目 数値 内容
蒸発残留物 30~200mg/ℓ 水が蒸発した後に残る残留物質で、成分は主にミネラル分となります。蒸発残留物が多く含まれていると渋みや苦みなどを感じます。一方で適度に含まれていると、コクがあるまろやかな味になります。
硬度 10~100mg/ℓ マグネシウムやカリウムなどのミネラル成分で、含有量が多いほど硬水となり少ないほど軟水となります。軟水は味にクセがなく、硬水は人により好みがわかれます。
遊離炭酸 3~30mg/ℓ 水に含まれている炭酸ガスの指標で、遊離炭酸が多いと刺激が強くなります。
過マンガン酸カリウム消費量 3mg/ℓ以下 水に含有される有機物の指標で、多く含まれていると渋みを感じます。
臭気強度 3以下 水の匂いの強さを表す指標です。匂いの種類は限定されません。カルキ臭やカビ臭などの不快な匂いがすると水をおいしく感じません。
残留塩素 0.4mg/ℓ以下 水に残留する消毒用の塩素の量です。水道水を自宅まで腐らせずに届けるために使用されています。残留塩素が高いとカルキ臭の原因となります。
水温 20℃以下 冷たい水は人の味覚においしいと感じさせます。また冷たいと水の匂いが気になりずらくなりおいしいと感じます。
  • おいしい水研究会は、おいしい水の水質要件などを検討するために厚生省(現厚労省)が昭和59年に設立した研究会となります。

おいしい水を摂る方法

おいしい水を摂るには、浄水器・整水器などで水道水を浄水して使用する方法、ウォーターサーバーを購入・レンタルしてミネラルウォーターを定期購入する方法などがあります。

浄水器を取り付ける

水道水をそのまま飲料水として使用する場合には、浄水器を使用することでおいしい水に変えることができます。水道水は塩素殺菌を行っており、多くに残留塩素が含まれています。また浄水場から水道管や貯水槽などを経由することで水質が落ち、カルキ臭などを感じる場合があります。浄水器を通すことで水道水に含まれる残留塩素やカルキ臭を除去・ろ過することができ、美味しく安全な水へと変わります。

浄水器について

  • 浄水場から家庭まで水を腐らせずに運ぶための消毒方法として殺菌力に優れた塩素を使用するのが一般的で、水の中に残ってしまう塩素を残留塩素と言います。

ウォーターサーバーを使用する

各地のおいしい天然水・ミネラルウォーターを宅配で届けてくれるのがウォーターサーバーです。さまざまな採水地のさまざまな成分を含む水を低価格で飲むことができる安全でおいしい宅配水となります。また定期的にボトルで届き一定量の水を自宅に常備することができるので、災害時の備えとしても注目されています。ウォーターサーバーは、本体を購入するタイプやレンタルで利用できるタイプなど利用者メニューが豊富なことも特長となります。

ウォーターサーバーについて(準備中)

おいしさに付加価値がついた水

最近では、浄水やミネラルウォーターといったおいしい水に付加価値を加えた水が注目を集めています。その代表的なものが水素となります。水素には、病気や老化の原因となる活性酸素を除去・抑制する働きがあり、浄水やミネラルウォーターに水素を溶かし込んだ水素水が人気となります。毎日の生活に必要な水だからこそこだわり、おいしさプラスαの水を試してみてはいかがでしょうか。

水素水について

お試しに最適な水素水パウチ

健康・美容・ダイエットなどの効果も期待できる水の情報をお届けします。