水の基礎知識と役割

このページでは、水の基礎知識や水の役割についてご案内します。

人の身体は大半が水分で構成されている

多くの方がご存知かもしれませんが、人の身体の構成を確認するとその多くは水分で構成されています。体内における水分割合は年齢によって異なり、大まかにわけると、胎児で約90%、新生児で約75%、子供で70%、成人で約60~65%、老人で約50%~55%と言われています。また体重に占める水分が失われると、失われる水分量によって以下のような症状が起きることがあります。

症状
体重の約2%の水分が失われると 喉や口に渇きを感じ、食欲不振になることがあります
体重の約6%の水分が失われると 眠気や頭痛に襲われたり、精神が不安定になることがあります
体重の約10%の水分が失われると 循環器系や腎臓が正常に機能しなくなることがあり、筋肉の痙攣が起きたり意識が混濁としたりすることがあります
体重の約20%の水分が失われると 死に至る危険が伴います
  • 失われる水分量の目安および症状には、個人差・個体差があります。

おそらくこのページを読まれている方の多くの方は成人だと思われますが、成人は約60~65%が水分であり、身体の半分以上が水でできているということになります。割合が高いからこそ人にとって水は重要であり、健康に日常を過ごすためには常に新鮮できれいな水を体内に取り込み、そして不要な水は排出するという循環が必要になるのです。

男女による水分量の違い

年齢だけではなく水分量には性別による違いもあり、一般的に女性の方が男性と比べ水分量は少なくなります。これは筋肉と脂肪の水分量に差があるためで、男性と比べ女性の方が脂肪の割合が多いためとなります。身体の組織に含まれている水分の割合は、血液で約90%、脳で約80%、筋肉で約70~80%なのに対し、脂肪は約10~30%と低く、脂肪の方が筋肉と比べ水分量が少ないことが要因となります。

身体における水分(体液)の役割

体内における水分は、細胞内に存在する「細胞内液」と、細胞の外側に存在する「細胞外液」にわけられます。水分のうちのおよそ3分の2が細胞内液(成人なら身体の約60%が水分ですが、そのうちの約40%が細胞内液)、その他が細胞外液となります。

細胞内液の役割

細胞内に存在する細胞内液は、人の活動に必要なエネルギーが生み出したり、身体を構成するタンパク質を合成したりする役割を担います。

細胞外液の役割

食べ物や飲み物から吸収した栄養素・酸素・ホルモンなどは、細胞外液によって身体の組織まで運ばれます。そして細胞外液の組織間液によって、各細胞まで運ばれます。また身体の中にできる老廃物を腎臓に運び、尿となって体外に排泄するのも細胞外液の役割となります。

その他の体液が持つ役割

また体液には、身体の体温を維持・調整するという働きもあります。35~37度が人間の体温となり、この体温を維持することで人は効率良く活動することができますが、過剰なエネルギーにより体温が上昇した場合には体液により汗として放熱されます。水は蒸発をするときに熱を奪うという性質を持っていますが、人は汗をかくことで体温調節を行っています。

身体に必要な水分を適切に補充し、循環させることが、健康な体作りへと繋がります。

健康・美容・ダイエットなどの効果も期待できる水の情報をお届けします。